セミナーに参加する際の服装

セミナーに参加する際に浮かぶよくある疑問点として、「起業セミナーに初めて参加するけれど、適切な服装がわからない」「私服では周囲から浮いてしまうのか不安」といった声がよく聞かれます。

 

まず結論を言ってしまえば、どんな服装でも全く問題はないようです。

セミナーによっては、ラフな服装でと但し書きがあったり、逆に格式の高いセミナーなどではスーツ(正装)を指定される場合もあったりします。
もしそういった備考が無いようであれば、セミナー当日に着ていく服装についてそこまで思い悩む必要はないでしょう。
心配ならば、事前に主催者団体に確認を取るのも一つの手段かもしれませんね。

 

ただし、セミナーを主催する会社や講師に与える印象を考慮すると、ビジネスの場にふさわしい暗色のスーツがベストと言えそうです。
少なくとも、過度に露出の多い服装(ハーフパンツ、ミニスカートなど)や、華美な服装は控えておいたほうがよいでしょう。
もしも人脈作りも兼ねて起業セミナーに参加するのであれば、服装にはなおさら気を配る必要があります。

初対面の相手にとって、あなたの印象は、まず身なりから決まると言ってもよいでしょう。
また、ひげを剃るなどして清潔感もあれば尚良いはずです。

 

その一方で、あまり気を張らずにセミナーに望む姿勢も重要です。
なぜならば、あくまでもセミナー参加の目的は起業に関する知識をしっかりと身に着けることにあるからです。
そのためにも、服装には最低限の気を遣うのみにとどめて、気兼ねなく起業への理解が深められるよう善処しましょう。

また、服装の他に、メモするためのノートや名刺などもあれば、今後の起業とビジネスを円滑に進めるきっかけになるかもしれません。