会社を辞める前にやっておくべきこと

起業を決意しても、すぐに会社を辞めてはいけません。
勤めているときに自分の会社の基礎を固めておくのです。
お金をもらいながら自分自身の足りないスキルを吸収し、レベルアップしましょう。
特にマーケティングや商品開発などは積極的に挑戦してみましょう。実際に自分が運営する立場になったつもりで取り組めば、吸収できる情報量も各段にアップします。
また取引先に話を聞いてもらえそうな人がいるなら、関係を深めておくと良いでしょう。
自分が相手にとってメリットのある存在だと認識付けし信頼関係を築きます。そして時期をみて、将来起業する旨を伝えて協力をお願いしてみましょう。

いろんな経験と知識をつけておくことで、退職後に無駄なお金や時間、無駄な行動をせずにすみます。本から知識を得たい場合は、自分が興味を持った本から始めてみましょう。
最初から難しい専門的なものや人気な本でも、自分の好みやレベルに合っていないと最後まで読み通せない可能性もありますよね。
まずは自分が気になったものから始めて、気になったところはノートに書き写していくだけで、自分が何を求めているのかも明確になっていくでしょう。
また、身近にできる営業マンがいたら顧客フォローや新規開拓などをどのように行っているのかなど、ぜひ参考に話を聞かせてもらうのも良いでしょう。
会社員のままで空いた時間などを駆使して、人脈を広げたり仕事のノウハウなどを学び準備すれば、低リスクで起業ができるでしょう。
引っ越しや住宅ローンの申し込みなども検討しているなら、こちらもぜひ辞める前にやっておきましょう。
退職後の社会保険や税金関連の手続きなども事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です